About

When I came to New York City 39 years ago, it was my love to american contemporary art works.

I was charmed by its streets, each corner or crevice like a still life worth capturing. It was very shabby but also felt history. I used to spend a laborious amount of time silkscreening images of my photography I had taken in New York. While I was occupied by child care, my passion goes to life model drawing . Leaving daily tusk behind me I enjoyed very much what one pencil can do on paper.

Now these day I can easily recreate the same photographic image with digital camera and printer.

I love the realism of photography, but I still love the handmade interpretations of drawing. The technology behind photography has changed much over the years, but drawing has been a constant, for myself and perhaps humanity, too. To me taking photographs is quick visual sketches of what I see and what I experience physically in my daily life. On the other hand slow rather simple drawing with pencil, a piece of paper and my hand is an act of searching for inner world of myself. By combining these two elements in abstract manner, I try to create my visual, emotional landscape that I capture in this city I live.

My art works is not collage. I use the degital heat transfer images to paper and draw with color pencils.

Akemi Takeda

Related Links

38年前 アメリカの現代美術を自分の眼で見たいと 汚い、危ないと言われるニューヨークに行 き、そのまま住み着きました。 そこここに時間を感じるビルの外壁,石畳と街の風景に すっか り魅了されたのです。写真を撮りそれからシルクスクリーンの技法でそれを表そうと自分の20代 を費やしました。

しかし、子育てとテキスタイルデザイナーとして働いている最中は それもままならず、私の興 味はドローイング『人体デッサン』に向かいました。紙と鉛筆一本 又は 筆一本でではじま る”描く楽しみ”は 限りないものでした。 2006年の10月からは友人の鍋島正世氏の企画”ほぼ同時写真”に毎週参加しています。毎週 藤沢/日本とニューヨーク/アメリカで同じ時間に写真を撮影し それをブログ上に並べてみる ということだけですが、日々の移ろいが記録できて飽きる事がありません。

ここ何年かは 写真の持つ魅力と 紙と鉛筆ではじまるドローイングを一緒に出来ないかと考える ようになりました。最近のデジタル技術のおかげで 簡単に写真のイメージが紙に転写出来るよう になりました。写真製版で苦労したのが夢の様です。転写したイメージに私の手作業を加えて 私の住んでいる空間が紹介できたらと思っています。

竹田あけみ

参考サイト