About

When I came to New York City 46 years ago, it was my love of American contemporary art works.

I was charmed by its streets, each corner or crevice like a still life worth capturing. It was very shabby but I also felt history. I used to spend a laborious amount of time silk screening images of my photography I had taken in New York. While I was occupied by child care and working as a textile designer, my passion goes to life model drawing . Leaving daily tusk behind me I enjoyed very much what one pencil can do on paper.

Nowadays I can easily recreate the same photographic image with a digital camera and printer.

I love the realism of photography, but I still love the handmade interpretations of drawing. The technology behind photography has changed much over the years, but drawing has been a constant, for myself and perhaps humanity, too. To me taking photographs is quick visual sketches of what I see and what I experience physically in my daily life. On the other hand, slow rather simple drawing with pencil, a piece of paper and my hand is an act of searching for the inner world of myself. By combining these two elements in an abstract manner, I try to create my visual, emotional landscape that I capture in this city I live.

Also I am participating in Masayo Nabeshima’s project “Sharing Same Time” . I take photos in New York and others take photos in Fujisawa in Japan. Nabeshima put together the pictures on his blog . The activity of putting 2 photos together with their only common feature “being at same time” occasionally show some surprising and unexpected results.This has been continuing almost 16years now.

Akemi Takeda

Related Links

46年前にアメリカの現代美術に興味を持ってニューヨークに来ました。

私はこの街のただの通りや隅々までの空間が、風景画として記録したくなるほどに魅了されました。とてもぼろぼろでしたが、歴史も感じました。私はニューヨークで撮った写真のシルクスクリーン画像にかなりの時間を費やしました。その後 私は育児とテキスタイルデザイナーとして働いていましたが、私の情熱はライフモデルのドローイングに向けられました。毎日の雑事を忘れて、1本の鉛筆で紙にできることをとても楽しみました。

最近では、デジカメとプリンターの進化で同じ写真製版印刷がを簡単に再現できやすくなりました。

私は写真のリアリズムが大好きですが、手作りのドローイングの表現も大好きです。写真の背後にある技術は何年にもわたって大きく変化しましたが、私自身にとっても、おそらく人類にとっても、絵を描くことは常に残るでしょう。私にとって写真を撮るのは、私が見ているものと私が日常生活の中で物理的に経験しているものの素早い視覚的なスケッチです。一方、鉛筆と一枚の紙と私の手でゆっくりとかなり単純な絵を描くことは、私自身の内なる世界を探す行為です。これらの2つの要素を抽象的な方法で組み合わせることにより、私は自分が住んでいるこの都市で捉えた視覚的で感情的な風景を作成しようとしています。

また、2006年から鍋島正世のプロジェクト「SharingSameTime」(ほぼ 同時)にも参加しています。私はニューヨークで写真を撮り、鍋島氏は日本の藤沢で写真を撮ります。鍋島さんがご自分のブログに二人の写真をまとめています。 2枚の写真を「同時に存在する」という唯一の共通の特徴と組み合わせるという活動は、時折、驚くべき予期しない結果を示すことがあります。これは、ほぼ16年間続いています。

竹田あけみ

Related Links